Category:ヒキ暮らし > 過去編

肥満遺伝子検査やってみた☟☟☟
 
 
小・中学生時代☟☟☟
 

高校〜20代前半☟☟☟
  

三十路ちょい手前で体調を崩し
発熱・頚部リンパ節痛・頭痛が連日続き
ほぼ寝たきり状態になった


気になった方はコチラからどうぞ☟☟☟
 

食欲も食う量も激減して
ヘビースモーカーだったのが
タバコも全然吸わなくなった

それなのに
なんか身体に肉がついた気がして
ふと体重計に乗ってみると


60kgにまで肥えてた


生まれて初めて肥えた

体調悪いのに太るってどゆこと
意味不明すぎてショック絶望


IMG_7896



有吉弘行氏の著書で








金のない時代に節約のため

一日一食しか食べず寝て過ごしていたが

今よりも太っていた


的なことが綴られていた


少しは気が楽になった




今はたまにプルームテック吸ってて
食事量も昔に比べたら3分の1以下だが


ほぼ寝たきり状態を脱出できた頃から
徐々に体重も減ってきている



ただ何故か身長も2cm縮んで161cmになったし

今年で32になったことを考えると

50kgぐらいが妥当な気がするので


このままゆるっと痩せていければいいかな

と気楽に構えている



とか言いつつ

なんだかんだ激太りしたことに対して

納得いってねーので


わざわざダイエットらしいことなぞ

したくないだけだったりする










Noriko

肥満遺伝子検査やってみた話☟☟☟
 

小・中学生時代☟☟☟
 

高校〜20代前半☟☟☟

※前回の記事後半と今回の記事は
若干時系列が狂いました
ごめんなさい!!!(号泣)



18だか19の若かりし頃に

暴飲暴食して
好き放題寝まくったら
どのぐらい太るのか


という
暇すぎ&くだらなすぎる実験を行った

不摂生の極み

時代が時代なら
わしも立派なやってみた系YouTuber


IMG_7895



3ヶ月ほど続けて5kg太ったが
それ以降は増えなくなったので

元の大食い平常運転に戻して
家ん中で緩いストレッチと
2kgのダンベルしてたら

1ヶ月半で元に戻った


「たまたま太らなかったから良いが
5kg以上太り続けていったら
どうしてたんだ」


と友人に言われた

そ の 発 想 は な か っ た 





次回は体調不良にもかかわらず
60kgまで激太りした暗黒時代と
現在の様子について綴ります







Noriko

肥満遺伝子検査やってみた話☟☟☟


小・中学生時代の様子☟☟☟




高1 謎に食わない期

夏の終わり頃から
急になんか食わなくなった

拒食症や精神疾患でもなく
本当なんか急にだった

朝飯は食わず

昼は学校の売店で売ってる
おにぎり1個、唐揚げ2個、柴漬けセット
¥100(安い!!!)

気が向けば放課後に
カロリーメイトを齧っていた

夕飯も食わない

でもこの頃何故か体重は50kg
普通に飯やら菓子やら食ってた頃より
4kgも増加していた

この謎に食わない期が終わると
体重も減って元に戻った



高3 食欲全盛期!回転寿司過去最高記録

この頃はとにかく腹が減ってよく食ってた
そこら辺の男より遥かに食ってた

IMG_7885


あるとき回転寿司に行って
  • 寿司24皿
  • ラーメン
  • 茶碗蒸し2つ
  • かにの味噌汁
  • メロン
  • プリン
を平らげた

あまりに素晴らしい食いっぷりに
自分は肥満なのに3〜4皿しか食えない母に
ひたすら心配された

体重は47〜48kg



21歳 人生で一番スタイルが良かった時代


車に乗るようになって外食の機会も増え

ダイエットなぞ全くしとらんのに


163cm45kgになった


ノンストレッチのスキニーだったり

他のボトムもXS履いたりしてた


しかも痩せてても乳は減ってなかった


食欲は全盛期ほどではなくとも

相変わらず男並みには食ってた



奇跡








Noriko

先日肥満遺伝子検査をした☟☟☟

色々と解せない点が多かったので
改めて過去の自分の食生活や
体型について振り返ってみた


まずは
小学生時代


給食が嫌いで
ほとんど食わなかったため
学校から帰って夕飯までの間
腹が減ってどうしようもなく
必ずおやつを食っていた

  • ファミリーサイズのポテチ
  • ツナピコ(父の晩酌のつまみ)
  • サラミやカルパス(〃)
  • キャンディチーズ

袋物は1袋全部食ってた
カロリーもだが塩分もすげえな

ちなみにキャンディチーズにハマってたら
小4の1年で身長12cm伸びた

わしは牛乳嫌いなので
給食で無理やり飲まされるだけだったが
チーズ食ってりゃ背は伸びるらしい


休み時間や放課後は
バトミントンかバスケ

週一でスイミングスクール

好きな運動しかしなかったが
こう見るとわりと活発だ

思いのほかカロリー消費できてたかもしれん



中学では思春期女子あるあるで
読んでた雑誌のモデルに憧れて
ダイエットなんぞしてみた

スイミングスクールは
小学校卒業とともに辞めた

運動の機会がなくなったので
帰宅は電車を使わず無駄に長距離歩いた

アイソメトリックトレーニング?とか
軽く筋トレもしてた

腹筋やりすぎて尻を擦りむいたのもこの頃
☟☟☟



間食は無し
小腹が減ったらクロレッツ



家で出される食事は黙って食うしかないため
栄養やカロリー摂取量は謎だった


身長154cm体重42kgぐらいから開始
半年ほど続けたが40kgは切れなかった


当時読んでいた雑誌の付録に
モデルの身長体重及び
身体のパーツ全てのサイズが
写真付きで掲載されていて

試しに自分のも測ってみたら
似たようなサイズ感のモデルも居た

IMG_7866

雑誌の看板モデルは
流石に信じられんぐらい細かった

雑誌で見てわかってたって
実際の数字見たら驚き5000万倍よ

骨格とか産まれ持って出てきたもんが
もう全く違うんだろうな
と納得して

なんか気が済んだからダイエット辞めた







続く

IMG_7765

夏が来れば思い出す…


小学生にしてイケメンに
水攻めにされたあの事件を…



そんな訳で

どーもNorikoです



あれは小学4年生頃の
夏休みだった気がする


幼なじみとそのママンに
地元のレストランのランチに
連れていってもらった


そのレストランは
客席が全て見渡せる位置に
半月型のカウンターのような場所があって

メニュー、カトラリー、グラス
そして水が入ったピッチャーが置いてあり

ウエイターが1人常駐していた

ホール係は他にも数人居たが
その場所にずっと居るのは1人だった


その日の担当は若いイケメン

爽やか可愛い感じの
今で言うと志尊淳くんみたいな

まだちょっとぎこちなくて
初々しい青年だった


わしは喉が乾いていたので
最初にもらった水を8割ほど一気した

するとこちらに気が付いて
ウエイター志尊(仮)がすぐにやってきた


「お水はいかがですか?」

「あ、ハイお願いします」



暑かったので中に入っていた氷を食った
グラスの水のかさが減って
ウエイター志尊がまたやってきた
 

「お水をお注ぎしますね」

「ありがとうございます」



店はとても混んでいた

なかなか料理が運ばれて来ない

なんだか暇なので
幼なじみとママンと話しながら
水を飲んだり氷を食ったりを繰り返していた


ウエイター志尊はとても敏感で
何度もわしのところに水を注ぎに来てくれた

なんならグラスの3分の1しか減ってなくても
すぐに水を注ぎにやって来るようになった


やって来るたび彼はニコニコしていて
生き生きと水を注いでくれるもんだから

「いらないです」

なんてとても言えず
ひたすら水をもらい続けた

あまりに嬉しそうに
水を注ぎに来てくれるもんだから

そのたびもらってたら
水で腹がいっぱいになって


肝心の料理が来た頃には
頑張っても6割程しか食べられなかった



大人になった今思えば

彼は単純にバイト入りたてで
なんもやることなくて
唯一できるのが水の補充ぐらいだったから
そこに労働の喜びを感じていたんだろうな

と考えられるけども


水注ぎに来すぎだわ


もしかしてあんた
水不足で亡くなった妹でも居ったんか

ちょうど生きてたらわしぐらいだったんか


そんなわけないけど
そう思えるぐらい彼は熱心だった



あれから20年以上経つが

あの夏以来
外食先であんなに大量の水を
飲まされた飲んだことはない

美味しかったよ

ありがとうあの時のウエイター志尊(仮)







Noriko

↑このページのトップヘ

Copyright Life is 自由気儘 , All Rights Reserved.